本とマンガが好きな本屋見習い(3級)によるダラダラした日記/主に買った本とマンガの感想を晒しています/コメント・TBはいつでも大歓迎です/ただし当ブログに不適切と思われるコメント・TBは削除する場合があります


by Around-the-clock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

書店員の仕事(アルバイト編)

さも書店でアルバイトとして働いた経験があるかのようなタイトルに騙されないでください。
あくまでも某小規模系列書店で社員として働いた経験しかないため、この記事にどれだけ信憑性があるのか全くの未知数です。
書店によってどういったアルバイト体制なのかも違うことですし、あくまでも参考程度に捉えてくださいませ。
そして…無駄に長いです!(露花さんごめんなさい)(土下座)

アルバイトさんの仕事は基本的にレジ打ち、商品整理、検品、返品だと思います。

まずレジ打ち。
これはコンビニとかスーパーとかでよくあるあれです。
受け取った商品のバーコードをスキャン(もしくは値段を手打ち)してお会計をします。
現金だけでなく図書カードや図書券での支払いはもちろん、書店によってはエディやクレジットカードを取り扱う場合もあります。
それぞれレジ操作以外の面倒な作業があります。

例1)クレジット
カードを読み取り機に通す→金額と支払方法を入力→センターに送信→正常に送られると控え(明細?)がビロビロと出てくる→お客様に署名をしてもらう(念のためカードの署名と同じか確認)→控えとカードを渡す

例2)図書カード
カードを読み取り機に通す→ガリガリガリ(処理するときの音)→金額を入力→ガリガリガリ→控えとカードを渡す

これらは通常のレジ打ち作業にプラスして行われます。
慣れないうちはカウンター内をあっちこっち移動して混乱したり、控えを渡してお釣りを渡し忘れるなどミスが出やすいというのも事実。
もしかすると1番覚えることの多い仕事かもしれません。

次に商品整理。
レジ打ち要員としてレジを中心に仕事をするなら商品整理に苦労はないかと思われます。
店内を巡回するときに積まれた雑誌の崩れを直したり、書籍の帯やスリップ(書籍に挟まれている色とりどりの小さな紙っぺら)のずれや飛び出しを直したり。
ただ全ての雑誌や書籍の状態を直すのは不可能なのでそのあたりは様子を見て適当に済ませるべきかと。
スーパーザイザーなど責任者がお店に来る場合などは念入りにやりましょう(おいおい)
担当ジャンルを持たされた場合はもう少し仕事が増えますがそれは後述します。

検品と返品。
検品は入荷した新刊や注文品の段ボールまたは束を開けて伝票と実際の数を照らし合わせ、担当ジャンルに分ける作業。
返品は必要ない書籍や雑誌を段ボールに詰めて取次または出版社に送り返す作業。
1日に数百箱も書籍が入荷するような大規模店は検品専門や返品専門のアルバイトさんがいたりします。
取次経由の検品や返品はオンラインで伝票のやり取りをするのが主流のためそれほど苦労はないと思います。
そうでない出版社から直接書店に届いた書籍や雑誌の検品・返品作業は出版社ごとに違ったりするので、もし任されたら気を付けましょう。
わたくしは出版社に直接送り返すべき書籍を取次に返してしまうなどしょっちゅう間違えておりました。

思いつく仕事はこのくらい。
もちろん全てをやるとは限りませんし、ここに挙げていない仕事をすることもあると思います。
レジ打ちしかさせないような書店もありますが、それは会社や店舗ごとに違うのでなんともいえません。

さきほど省いた担当ジャンルを持ったアルバイトさんについて。
担当ジャンルを持つ場合は当然そのジャンルの知識や該当ジャンルの売上把握、納品、注文など重要な役割を任されるかもしれません。
商品整理ではさきほど挙げた基本の作業だけでなく、棚が空いてしまったらストックから書籍を補充したり(これが納品)、売筋の書籍を注文したり。
それこそ社員と変わらない仕事をされているアルバイトさんも多くいるようです。
そこらへんは得意なジャンルを生かして配置されているのではないかと思われます。

書店の仕事で大変なのはそれなりに力がいることですかねー。
山積みになった雑誌の束を降ろしたり、書籍の詰まった段ボールを運んだり、検品後の書籍を両腕にいっぱい持ってブックトラック(書籍を置きやすくした台車みたいなもの)に乗せたり。
力こぶにより一層の筋肉がつきます(女子的にがっかり)
書籍の知識はあればあるに越したことはありませんが、今はほとんどの書店に検索用のPCがありますし、知識がなくたってなんとかなります。

メリットは新刊情報をひとより早く得られること。
書店にはほぼ毎日出版社や本部から新刊情報のFAXやメールが届きます。
好きな作家の新刊が○月に出る、など書店に並ぶ前に情報をキャッチできるし、場合によっては発売日前に購入することができたりします。
アルバイトさんでも社員割引が効く書店が多いみたいですし本好き・マンガ好きにはたまらん環境ですねー。

まあ興味のある方はぜひともやってみてください。
毎日つるつるピカピカの本に囲まれているとやたら新刊書籍が好きになります(笑)
[PR]
by around-the-clock | 2006-08-19 00:23 | 仕事