本とマンガが好きな本屋見習い(3級)によるダラダラした日記/主に買った本とマンガの感想を晒しています/コメント・TBはいつでも大歓迎です/ただし当ブログに不適切と思われるコメント・TBは削除する場合があります


by Around-the-clock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:仕事( 20 )

さも書店でアルバイトとして働いた経験があるかのようなタイトルに騙されないでください。
あくまでも某小規模系列書店で社員として働いた経験しかないため、この記事にどれだけ信憑性があるのか全くの未知数です。
書店によってどういったアルバイト体制なのかも違うことですし、あくまでも参考程度に捉えてくださいませ。
そして…無駄に長いです!(露花さんごめんなさい)(土下座)

アルバイトさんの仕事は基本的にレジ打ち、商品整理、検品、返品だと思います。

まずレジ打ち。
これはコンビニとかスーパーとかでよくあるあれです。
受け取った商品のバーコードをスキャン(もしくは値段を手打ち)してお会計をします。
現金だけでなく図書カードや図書券での支払いはもちろん、書店によってはエディやクレジットカードを取り扱う場合もあります。
それぞれレジ操作以外の面倒な作業があります。

例1)クレジット
カードを読み取り機に通す→金額と支払方法を入力→センターに送信→正常に送られると控え(明細?)がビロビロと出てくる→お客様に署名をしてもらう(念のためカードの署名と同じか確認)→控えとカードを渡す

例2)図書カード
カードを読み取り機に通す→ガリガリガリ(処理するときの音)→金額を入力→ガリガリガリ→控えとカードを渡す

これらは通常のレジ打ち作業にプラスして行われます。
慣れないうちはカウンター内をあっちこっち移動して混乱したり、控えを渡してお釣りを渡し忘れるなどミスが出やすいというのも事実。
もしかすると1番覚えることの多い仕事かもしれません。

次に商品整理。
レジ打ち要員としてレジを中心に仕事をするなら商品整理に苦労はないかと思われます。
店内を巡回するときに積まれた雑誌の崩れを直したり、書籍の帯やスリップ(書籍に挟まれている色とりどりの小さな紙っぺら)のずれや飛び出しを直したり。
ただ全ての雑誌や書籍の状態を直すのは不可能なのでそのあたりは様子を見て適当に済ませるべきかと。
スーパーザイザーなど責任者がお店に来る場合などは念入りにやりましょう(おいおい)
担当ジャンルを持たされた場合はもう少し仕事が増えますがそれは後述します。

検品と返品。
検品は入荷した新刊や注文品の段ボールまたは束を開けて伝票と実際の数を照らし合わせ、担当ジャンルに分ける作業。
返品は必要ない書籍や雑誌を段ボールに詰めて取次または出版社に送り返す作業。
1日に数百箱も書籍が入荷するような大規模店は検品専門や返品専門のアルバイトさんがいたりします。
取次経由の検品や返品はオンラインで伝票のやり取りをするのが主流のためそれほど苦労はないと思います。
そうでない出版社から直接書店に届いた書籍や雑誌の検品・返品作業は出版社ごとに違ったりするので、もし任されたら気を付けましょう。
わたくしは出版社に直接送り返すべき書籍を取次に返してしまうなどしょっちゅう間違えておりました。

思いつく仕事はこのくらい。
もちろん全てをやるとは限りませんし、ここに挙げていない仕事をすることもあると思います。
レジ打ちしかさせないような書店もありますが、それは会社や店舗ごとに違うのでなんともいえません。

さきほど省いた担当ジャンルを持ったアルバイトさんについて。
担当ジャンルを持つ場合は当然そのジャンルの知識や該当ジャンルの売上把握、納品、注文など重要な役割を任されるかもしれません。
商品整理ではさきほど挙げた基本の作業だけでなく、棚が空いてしまったらストックから書籍を補充したり(これが納品)、売筋の書籍を注文したり。
それこそ社員と変わらない仕事をされているアルバイトさんも多くいるようです。
そこらへんは得意なジャンルを生かして配置されているのではないかと思われます。

書店の仕事で大変なのはそれなりに力がいることですかねー。
山積みになった雑誌の束を降ろしたり、書籍の詰まった段ボールを運んだり、検品後の書籍を両腕にいっぱい持ってブックトラック(書籍を置きやすくした台車みたいなもの)に乗せたり。
力こぶにより一層の筋肉がつきます(女子的にがっかり)
書籍の知識はあればあるに越したことはありませんが、今はほとんどの書店に検索用のPCがありますし、知識がなくたってなんとかなります。

メリットは新刊情報をひとより早く得られること。
書店にはほぼ毎日出版社や本部から新刊情報のFAXやメールが届きます。
好きな作家の新刊が○月に出る、など書店に並ぶ前に情報をキャッチできるし、場合によっては発売日前に購入することができたりします。
アルバイトさんでも社員割引が効く書店が多いみたいですし本好き・マンガ好きにはたまらん環境ですねー。

まあ興味のある方はぜひともやってみてください。
毎日つるつるピカピカの本に囲まれているとやたら新刊書籍が好きになります(笑)
[PR]
by around-the-clock | 2006-08-19 00:23 | 仕事

書店日誌

今日はなぜか休配日。
理由はよく分からない。
しかし雑誌納品と検品がないだけでこれだけ余裕のある1日が過ごせるなんて。
えーと…じゃあ毎日休配日の方向で(真面目に)

それにしても売りたいもの(売らないといけないもの)が全然手に入らない。
なんで注文しても注文しても自店には入荷しないんだろう。
重版かかってるはずなのに重版分の入荷がゼロなのはなんでだろう。
そんでどうして他の書店にはたくさんあるんだろう。
ほんとに不思議。
あんまり売れてないとか?
まさか。
自店よりも全然売れてるから重版分がたくさん入荷してきたのよねきっと。
でも…でももし売れてないならぜひうちに分けてください(土下座)
ちなみに系列店はどこも分けてくれない。
冷たい。
系列店に商品を分けてもらうときは全店の在庫を一応確認してありそうなところに電話で聞いてみるのだけど担当者にお願いしても大体は分けてくれない。
分けて欲しいものというのはもちろんどこでも売れるものだからまあ仕方ない。
ひどいときは嘘をつかれることもある。
「これ実は在庫データが間違っていてうちにもほとんどない状態なんです~!」
おいおいどうせならもっとマシな嘘をついてくれよ。
ほんとにそんな大きい誤差が出てるならさっさと修正しとけ。
…いやこれやっぱり嘘だろうな。
1冊2冊の誤差ならまだしも数十冊単位の誤差なんてほとんど出ないはず。
大きな誤差が出るとしたら店間移動(文字通りA店からB店に品物を移動させること)で伝票処理を怠っている可能性があるけどこの書籍については店間移動をほとんどしていない様子だし。
あーだから本店と本店付近の系列店は嫌いなのよ。
こういうしょうもない嘘はお互いに嫌な思いをするのでやめてもらいたい。
だったら「うちもかなり売れるものだからあんまり分けてあげられないんです」と正直に話してもらった方が納得できる。

あれ。
単なる愚痴日誌になってしまった。
店長への愚痴もいろいろと溜まっているけどもまたにしよう。
これがほんとに使えない店長で(中略)ひどいんだまた。
[PR]
by around-the-clock | 2006-07-08 23:27 | 仕事

書店日誌

当たらないと分かっていても自分の星座が何位なのか毎日めざましテレビで確認してしまう。
すぐ忘れるけど。
雑誌の占い特集は質問事項が多ければ多いほど(そして計算がややこしければややこしいほど)読み飛ばす。
そもそも「あなたは○○か××か?」という二者択一の質問にからきし弱い。
なぜって自分がどういう人間なのかさっぱり把握していないので。
こういうときにサクサクと答えられるひとはすごいと思う。
尊敬する。
ものすごくあやふやな存在なわたくし。

職場はサッカーのマニアックな話で盛り上がっている。
わたくしはあんまり詳しくないしフランス大会でにわかサッカーファンだったひとなのでおとなしくしていた。
レプリカジャージを着たり競技場まで応援に行ったりするほどではなくてテレビの前でただキャーキャーと応援したなー。
ワールドカップ期間中は4限以降ほとんど校内に人気がなかった。
男の子ってなぜサッカー好きが多いのだろうか…。

今日はとにかくコミックの品出し。
クロサギと医龍のスペースを縮小してデスノートとサプリを置く。
ほんとはハチクロも置きたいけど…限界。
NOCSでもS-BOOKでも在庫なし状態が続いているCAとお呼びっ!は一体いつ重版できるのか。
あと3冊しかないよ。

やらないといけない仕事(ほぼ事務仕事)ができない。
まずい…まずい…CUTがオダジョー…CUTがオダジョー…(ブツブツ)
[PR]
by around-the-clock | 2006-06-19 22:17 | 仕事

書店日誌

1本早い電車に乗れていれば…というくらい雑誌と荷物の山に悩まされた1日。
特になんの台車にも乗らず店の外に放置された書籍の段ボールどもには腹が立った。
それを事務所に移動させるのはわたくしの役目なのかなんだそれ。
おまけに雑誌はただでさえ多い日なのにも関わらず四季報関連やNumber・SPORTS Yeah!の増刊号まで出ている始末。
お わ ん ね ー よ 。
1人でやるのも限界がある。
史上最高に時間がかかった。
やっぱり雑誌が多いとそのあとの仕事に響くからきつい。
午後便で自ら注文していた雑誌の追加分がどっさり届いていてまさしく自分で自分の首を絞めることに。
頑張った…今日はよく働いた。
そして美しく並べられた(ここ重要)

こういう忙しい日に限ってよく喋る版元さんに何度も捕まる。
ああ仕事さしてくれとは思うけどせっかくこんな小さい店に来てくれたのだからという負い目で突き放せない。

今週もほとんど店長には会っていない。
そのせいで頼まれた発注もしていない。
それどころではない。

サプリが全然入らない。
NOCSで注文してもあとから発注履歴を見ると消えている。
S-BOOKで注文しても出庫されていない。
レガッタの重版はまだ先だし○販にも在庫がないらしい。
欲しいコミックはぜーんぜん補充できないのに大して欲しくないコミックはセットでバーンとやってくる。
こっちにスペースがないって分かってて送ってくるの?
店に出せない(というか出さない)けどいいの?
そういうの誰が決めるの?
○販さんなの…それとも本部なの…?(にっこり)

本日発売の主な雑誌
・pen(旅館特集)
・BRUTUS(夏のスイーツ特集)(見たらジュルジュルなりそうだから見てない)
・おとなの週末
・サライ(寅さん)
・リラックスじゃらん
・Number(オーストラリア戦)
・SPORTS Yeah!(同上)
・ワールドサッカーマガジン
・ワールドサッカーダイジェスト
・ワールドサッカーキング
・GOLF TODAY
・ワールドボクシング
・ボクシングマガジン
・F1速報
・BiG MACHINE
・BMWボクサージャーナル
・旅と鉄道
・ガルヴィ
・山と渓谷
・岳人
・ワイン王国
・私のカントリー
・Sound & Recording Magazine
・レコードコレクターズ
・コマーシャルフォト
・SEVENTEEN
・リンカラン
・アーユーハッピー?
・赤ちゃん系雑誌(たまひよ、Pre-mo、Baby-mo、おはあか、赤すぐなど)
・FIGARO Voyage(イギリス特集)
・会社四季報
・会社四季報プロ500
・日経会社情報
・株データブック
・宣伝会議
・クーリエジャポン

もっとあったけどもう思い出せない。
[PR]
by around-the-clock | 2006-06-16 00:13 | 仕事

書店日誌

土曜は休配日らしいということを今日になって知る。
誰も教えてくれなかったよ。
むしろ誰か知っているひとはいたのか?
重要な連絡事項は分かりやすいところに貼り出すなり連絡ノートに書くなりしてくれ。

普通に出勤。
昨日は女性誌発売日だったけど最近女性誌のスペースを広げたので朝の雑誌出しが楽になった。
これであとは男性誌も広がればなー(無理な注文)

あーNumberって3週合併号だったんだ。
今更気付いても遅い。
事前に察知して取次さんに頼んでおかなきゃいけなかったのかー。
抜かった。
追加注文出してるけど返品待ちなのよ。
見込みなし。
6月15日発売から週刊なのねふむふむ。

補充分のコミックがいっぱい入荷したので納品。
長らく売り切れだったきょうの猫村さん2巻が遂に来た。
がしかし時既に遅し(自店ではありがちな現象)
天使と悪魔も上中下巻で入荷したけどこれまたすぐになくなりそう。
絶対に売れる本の確保ってなかなかうまくいかないのよねー。
こういうときこそ店長に動いてもらいたいのに。
売り逃してますよいつもいつも。

そういえば久々に店長を発見。
生きていたのか…どうやらかなり忙しくしていて模様。
だったら研修会なんて下に任せて行かなければいいのに。
それよりもっとやるべき仕事をやってくれ。
あとから慌ててまとめてやるのでなくて。

本日発売の主な雑誌
・世界
・Hanako
・Goodリフォーム
・日経Linux
・オープンソースマガジン
・DTMマガジン
・ネットランナー
・Hacker Japan
・GERMAN CARS
・アルバトロスビュー
・I LOVE Diving
・FEEL YOUNG
[PR]
by around-the-clock | 2006-06-09 00:38 | 仕事

結局三日坊主

書店日誌はなんとなく毎日続けられたらいいなーと思って始めたのですがどうにも持久力に欠けるわたくし。
また気が向いたらつけます。
行き場のない怒りが生まれたときにでも。

「怒り」で思い出した。
どの書店さんでも売れ売れであろう「きょうの猫村さん」2巻。
自店では発売日当日までに売り切れてしまいました。
○販の都合だと思いますが自店には発売日前々日に通常版が入荷したのですぐ店頭に出したところ売れる売れる。
あっという間に新刊台から消えてゆきました。
1巻を購入したお客様がついててくださっているということなので大変ありがたいことなのですが。
問題は配本が少なすぎるということです。
本部一括手配となったため各店舗ごとの個別交渉は基本的に行われませんでした。
これが自店では裏目に出た。
いくら自店が極狭店だからって…こんな数じゃあ足りません足りません!
お蔭で一体いくら売り逃したのか分からないくらい売り逃しています。
自店だけでなく系列店はどこもそうだと思います。
本部に希望数を出してあとは任せきりだった店舗は配本少なかったはずなので。
まーこういう置けば絶対に売れるっていう人気商品の確保は私だけの責任じゃあないからいいんだけどさー(チクチク)

ただし店長の個別交渉によっては他店と1桁違う配本がついているところも。
有能な店長って版元に強力なコネを持つもしくは無謀な注文でもなんとかして押し通せる力を持つ店長なのではないかしら、と自店の店長を見ていて思ったのでした。
店長…動くならもっと早めに動かないと駄目に決まってます…そして自分で情報を得て自分で動いてください…(独白)
絶対に売れる商品はなにがなんでも手に入れることができる店長ってすごいです。
それをしない(できない)店長って案外多いのかも。
元店長はなにがなんでもの典型のようなひとだったので本部を当てにせず自らさっさと情報を仕入れてさっさと版元に電話してさっさと配本分捕ってましたよ。
こういうひとが店長の鑑…なのかもしれません。
[PR]
by around-the-clock | 2006-06-03 22:56 | 仕事

書店日誌

ほんとはいつもより2本早い電車に乗るつもりだったのに結局2度寝したら家を出るのがいつもの時間になってしまった。
まあいいや…と自店に着くと雑誌はそんなでもない。
そうか雑誌が多くて大変なのは23、24、26と28だっけか(毎月忘れている)

23日の女性誌は我ながら美しく並べられたと思う。
流れも高さもGJだった。
翌日24日の男性誌もGQ JAPANだけが山のごとくそびえていたくらいで他は美しく並べた。
限定プレゼントのTシャツがたった30枚ぽっちしかなくてがっかりしたけど思っていたよりも初速は鈍い。
そういえば大人の男はガツガツしないで発売日を避けて雑誌を買うような気がする。
これからじわじわ来ると良いな。
今回はエスクァイアがなかなか面白そうだった。
半ば強引に指定をしてもらったので売れてくれるとありがたい。
だってせっかくハワイの特集で売れそうなのにこういうときに限ってFAXの案内に指定配本可能って書いてないんですもの。
まあ実際不可だったのかもしれないけど…POP書いてもらうから!

ちなみに日誌を書くのも3日坊主レベルでおしまいになるところだった。
最近は気分落ち込み週間だから仕方ない。
こういうときに限って嫌なことが続くし。
いつも意味不明なタイミングで説教してくる馬鹿太郎(仮)にひさびさにカチーンときた。
こちらはお客様に頼まれた書籍を探しているところだというのに馬鹿太郎(仮)君の説明が足りなさすぎてなにを言われてるか分からない。
わたくしはわたくしでこれこれこういう作業をしているからそれは元の場所に置いておいてくれないかと頼んでいるのにさも自分が被害者のような面をしやがったので(そしてそれを口に出しやがったので)本気で頭にきた。
馬鹿男(仮)のこういうときに思ったことをそのまま言えるところだけは素晴らしいと思う。
わたくしは言うか言うまいか迷ってしまって結局表面上はわたくしが折れる形を取ってしまった(口調には怒りのオーラが滲み出ていただろうが)
根が優しい子なので(自分で言って寒い気分に…)攻撃する前に考えてしまう。
今度から言ってもいいのか…うるせんだよターコとか言ってみてもいいのか…。
そんなわたくしを怒らせることにかけては右に出るものがいないほどの馬鹿夫(仮)は自店の女性ほぼ全員に嫌われていることが発覚。
どこに行っても女の子に嫌われる男っているのよねー。
それをあまり悟らせないこの状況は馬鹿男(仮)にとってかなり幸せなことだと思う。
こういう種類の人間はきっと気付かないままなんだろうきっと。
その方が幸せなんだろうきっと。

本日発売の主な雑誌
・JTB時刻表
・JR時刻表
・宝島
・BIG tomorrow
・Diamond Visionary
・Hanako
・レタスクラブ
・クロワッサン
・暮しの手帖
・ケイコとマナブ
・PLAY BOY
・Sabra
・Sportiva!
・footival
・STAR soccer
・月刊バスケットボール
・HOOP
・DUNK SHOOT
・ラグビーマガジン
・アルバトロスビュー
・Ski Journal
・剣道日本
・剣道時代
・磯投げ情報
・つりマガジン
・つり人
・Hobby JAPAN
・電撃ホビーマガジン
・モデルグラフィックス
・世界の戦艦
・芸術新潮
・日経サイエンス

だー!
アフタヌーン買い忘れてたよバカァ!
[PR]
by around-the-clock | 2006-05-25 22:08 | 仕事

書店日誌

世の書店員のみなさま。
昨日はお疲れ様でした。
自店はそれほど売れる場所柄でないため早朝販売はもちろんなく(どのみちディベロッパーの関係でできないし)やたら人員を多く配置したにも関わらずわたくし個人の仕事はほとんどなく暇でした。
ごめんなさい。
定時に上がりました。

自店のハリポタ展開で1つ疑問が。
店舗の外に臨時の販売台を設置したところで担当者がレジの前に棒立ち状態ではなんの意味もないということになぜ気付かないのだろうか。
それならもっと積極的にチラシを配るなり呼び込みをするなりすべき。
アルバイトを動かすためには自分が率先して動いて手本を示さないと。
単に販売台を設置した「だけ」の状態になっていたので大して販促効果もなくレジ担当者が衆人環視の的となっただけだった。
せっかくいろいろなひとにお手伝いしてもらったのに…あーもったいない。
この責任が誰にあるかってことを当人は分かっているのだろうか。

さて本日はNHKの語学テキストがどっさり発売日。
やたら種類が多いから並べるのがいつも面倒くさい。
どうせ全部面陳するほどのスペースもないから最新号だからって容赦はせず棚差しじゃあ!(ご乱心)

最近先輩社員に使われている。
わりと損得勘定で動く人間なので「その代わりになにをしてくれるの?」といつも心の中で問いかけている。
嫌な性格だけどもはや治しようがない。

細かいところばかり口うるさいひとにまた細かいことを注意された。
お前に言われたくない。
こういうひとは日本語をよく学んでから以下を肝に銘ずるべし。
「ひとに説教するときはまず自分ができているかどうかを確認してからにしろ」


本日発売の主な雑誌
・NHK語学テキスト(3ヶ月トピック英会話・新感覚キーワードで英会話・テレビで留学!・中国語講座・中国語会話・R/Tアンニョンハシムニカ・フランス語講座・フランス語会話・イタリア語講座・イタリア語会話・スペイン語講座・スペイン語会話・ドイツ語講座・ドイツ語会話他)
・COURRiER Japon
・サイゾー
・サライ
・日経kid's+
・音楽の友
・CROSS BEAT
・Number
・SPOTS Yeah!
・GOLF Today
・ワールドサッカーマガジン
・ワールドサッカーダイジェスト
・ワールドサッカーキング
・F1速報
・月刊アスキー
・ネットワークワールド
・ソフトウェアデザイン
・COMPUTERWORLD
・Web Desigining
・Mac power
[PR]
by around-the-clock | 2006-05-18 22:49 | 仕事

書店日誌

今日は…なーにしたっけ?
眠たすぎて覚えてない。

暇シーズンは続行中。
毎月23日が近づいてくるとだんだん忙しくなるような気がする。
でもその時期は毎月わーわーと慌しく過ぎていくから記憶が曖昧。
…こんなんで大丈夫なんだろうか(ひととして)

あーそうそう銀行から帰ってきたら事務所でハリポタが山のようにそびえたっていて驚いた。
どこにあれらを置くつもりなの店長。
聞きたかったけど今日もほとんど自店にはいなかった。
そういう訳で明日はいよいよプリンスの発売日。
あんな店でも売れるのかどうなのか。

本日発売の主な雑誌
・DIME
・日経ビジネスアソシエ
・Begin
・Best Gear
・モノ・マガジン
・きょうの料理
・食彩浪漫
・3分クッキング
・きょうの健康
・ゆほびか
・わかさ(ごめん1冊表紙を破ってしまったよ)
・壮快
・おしゃれ工房
・趣味の園芸
[PR]
by around-the-clock | 2006-05-16 22:58 | 仕事

書店日誌

今日も1日暇だった。
自分のブックトラックが空だと身が軽い。
逆にこれが山積みになればなるほど追い詰められる。
書店員の精神状態はブックトラックに表れているんじゃなかろうかと思う。

猫本の重版分が到着。
すぐにでも買いたいところだけどおまけ付き(シール?)の入荷を夢見ているのでひとまず2版を取り置いて様子見。
あと1週間しても来なかったら諦めてこれを買うつもり。

配達は明日しようと勝手に決断。
早く帰りたい。

先日中身を確認したいとおっしゃるお客様にシュリンクを外して渡したマンガがそのまま棚に戻っていた。
…それシュリンクがかかってないんだけど?(点火)
買わないなら書店員に直接返せっつの。
これだからお子様(と書いて「ガキ」と読む)は嫌いなんだよ。

本日発売の主な雑誌
・BRUTUS
・Pen
・おとなの週末
・Chou Chou
・Caz
・リラックスじゃらん
・山と渓谷
・岳人
・ガルヴィ
・VS
・たまごクラブ
・ひよこクラブ
・こっこクラブ
・Pre-mo
・Baby-mo

週刊誌は面倒なのですっ飛ばし。
…参考までに一応書いておくと

月:日経ビジネス/AERA/読売ウィークリー/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済/週刊エコノミスト/週刊現代/週刊ポスト
火:FRASH/SPA!/週刊朝日/サンデー毎日/週刊女性自身/週刊女性/週刊アスキー/週刊サッカーマガジン/週刊サッカーダイジェスト
水:Newsweek・ザ・テレビジョン/TVガイド/ステラ/an・an
木:週刊文春/週刊新潮/週刊女性セブン/ウィークリーぴあ/AUTO SPORTS/カーセンサー
金:週刊金曜日/FLIDAY/oricon style

こんな感じ。
不安だから調べてから書いているけど(疲れた)違ったらごめんなさい。
[PR]
by around-the-clock | 2006-05-15 21:46 | 仕事